よくあるご質問(FAQ)

Q1. 処理対象となるファイルの形式は決まっているか。
ActiveDataで処理するためには、データをExcel上に展開する必要があります。もとのデータがCSVなどの形式である場合、Excelに取り込んでからご利用ください。

Q2. 処理対象となるExcelシート上でのデータの配置は決まっているか。
ActiveDataで処理するためには、シートの1行目をデータのタイトルにしてください。そして、それ以降にデータを連続して配置してください。

Q3. 処理対象シートに1列しかないが、動かしたい。
シートに含まれるデータが1列だけでは動かない機能があります。その際は仮の列を別に追加すると動くようになります。

Q4. Excelのリボン上にActiveDataが表示されなくなったので、復活させたい。
ActiveDataのソフトウェアのアップデート中にExcelを完全に終了していなかった場合、あるいは、Excelが作業中にフリーズした場合、あるいは、Officeソフトウェアをアップデートした際に発生することがあります。

○Excel 2007-2010 の場合:

・ オフィスボタンをクリックしてください。(画面左上)
・ 「Excelのオプション」を選択してください。(画面右下)
・ 「アドイン」を選択してください。(画面左側)
・ 「管理」ドロップダウンをクリックしてください。(画面中央下部)
・ このドロップダウンから「使用できないアイテム」を選択します。
・ 「管理」ドロップダウンの横にある「設定」をクリックしてください。
・ 「ActiveData」がリストに表示されたらチェックボックス選択して有効にしてください。
・ 「管理」ドロップダウンから同様に「COMアドイン」「Excelアドイン」について確認します。
・ 全て確認し終えたら、Excelを再起動してください。

○Excel 2003 の場合:

・ Excelの「ヘルプ」->「Excelメニューオプションについて」を選択してください。
・ 無効にされている項目ボタンをクリックしてください。
・ ActiveDataがリストにある場合は、有効にしてExcelを再起動してください。

○上記の方法で直らなかった場合:

・ 管理者権限のあるアカウントでPCにログインしていることを確認してください。
・ コントロールパネルを開きます。(「スタート」->「設定」->「コントロールパネル」、あるいは、「スタート」->「コントロールパネル」)
・ 「プログラムと機能」を選択し、「ActiveData」をクリックします。
・ 「削除」をクリックします。
・ 何か警告が表示されないか注意してください。
・ インストールファイル(.msi)をCD、あるいは、新しくダウンロードしてインストールしてください。
・ 次のリンクより最新バージョンをダウンロードできます:
ダウンロードはこちら
・ すべてうまくいけば、Excelを起動してActiveDataを利用できるようになります。

Q5. アンインストールしたい。
・ 管理者権限のあるアカウントでPCにログインしていることを確認してください。
・ コントロールパネルを開きます。(「スタート」->「設定」->「コントロールパネル」、あるいは、「スタート」->「コントロールパネル」)
・ 「プログラムと機能」を選択し、「ActiveData」をクリックします。
・ 「削除」をクリックします。

Q6. 新しいコンピュータにインストールしたい。
E-Mail(宛先:japan アット informationactive ドット コム)までお知らせください。ご連絡後にお客様の新しいPC、あるいは、再インストールしたPCの為のライセンスキーを作成します。ソフトウェア登録方法の説明をE-Mailでお送りします。

Q7. メニューが日本語対応されていない。
・ Excel2003-2010のバージョンでのみ日本語に対応しています。過去のバージョンExcel2000-2002(XP)では日本語で動作しません。英語版をご利用ください。

Q8. 操作履歴を見たい。
ActiveDataで分析を行うと、その度にシートの左上のセルにコメントが挿入されますので、そちらをご覧ください。

Q9. シートの最初のタイトル行をダブルクリックするとデータが並び変わってしまう。
「ヘルプ」->「オプション」->「全般」タブを選択していただくと、「列名をダブルクリックしてデータをソートする」チェックボックスがありますので、チェックを外してください。

Q10. ドリルダウンすると過去に実行したドリルダウンシートにデータが追加されてしまう。ドリルダウンするたびに新しいシートに出力したい。
「ヘルプ」->「オプション」->「全般」タブを選択していただくと、「ドリルダウン結果を新シートへ出力」チェックボックスがありますので、チェックしてください。

 
お知らせ
  • 2016年11月ActiveData For Excel 5.0.506がリリースされました。
  • 2014年9月ActiveData For Excel 5.0.505がリリースされました。
  • 2013年8月ActiveData For Excel 5.0.504がリリースされました。
  • 2011年10月ActiveData For Excel 日本語版がリリースされました。
トライアルダウンロード / ご購入




 

Copyright 2004-2015 InformationActive Inc.
All Rights Reserved.